第40回夏期研修茶会

日 時:令和元年8月10日(日)
場 所:磯子公会堂


 令和元年、夏期研修茶会は40回を迎え、「和」を研修会のテーマとして8月10日に磯子公会堂で開催されました。

濃茶席                      若林宗茂
濃茶席は、5校の大学茶道部員が担当し。床は鵬雲斎大宗匠筆『歩々是道場』、水指は木地釣瓶、茶入は古瀬戸茶入銘『釣鐘』、茶杓は鵬雲斎大宗匠作銘『和のつどい』、茶碗は大徳寺窯黒楽銘『瑞雲』を取り合わせ、主菓子は薯蕷饅頭にて皆様にお召し上がり頂き、また、一期一会の心でのおもてなしなど、貴重な経験と部員の交流の一日となりました。

薄茶席                      服部宗澄
 薄茶席は、8校の高校茶道部員が担当し、盛夏の中、清々しい道具の趣向に笑顔も絶えず、訪れた人々も時を忘れ楽しまれておりました。学生達は、高校最後の夏休みで部活動の成果を充分に発揮し、貴重な体験が出来た事を喜んでいました。

立礼席                      夛田宗祐
大学生・高校生・中学生・小学生・幼稚園児が担当し、皆が一緒に11席を行いました。立礼席は、東京オリンピックを来年に控え、海外の御道具も取り合わせるなど、とても喜ばれました。一服のおもてなしに一丸となり頑張りました。
         





Copyright (C) 2002 Tankokai Yokohama